晴れる屋9/3スタンダード杯

使用ラムナプレッド

1戦目BG

1本目後攻

相手が序盤からちょくちょく殴って来たので

ブロックが薄くなったおかげもあり殴り勝ち

ガン待ちされてたら多分負けてた。

2本目

後手なのでサイドはミッドレンジに変更

1マリガン時に占術で削剥が見えて手札には土地2、チャンドラ、アン一門2、ケンラ

土地が出なかったらどうしようってことで削剥を下に。

ただやっぱり序盤からクリーチャーが重くてうまく動けず負けたので削剥上の方が良さそうだなーという印象

3本目

1〜5ターン綺麗に並べて勝ち

 

2戦目ティムールエネルギー

1本目後攻

1マナ:ボーマットだす

2マナの時手札にカーリーゼヴと削剥がありとりあえずカーリー出したけど蓄冷稲妻くらって

返しのターンつむじ風の巨匠を綺麗に叩かれたのでそこからズルズル差が開いていって負け。

後手だったので削剥構えた方が良かったのではと思った。

 

2本目

サイド:ミッドレンジよりに

1マリガン

アン一門2、削剥、山3

占術:チャンドラをトップ

2ターン3ランドストップという結果

ハゾレト、グローリー、チャンドラがこっちを見つめてた

負け

サイドをアグロよりで行くべきだったかも?

 

3戦目白単

1本目後攻

1マリ:土地4、損魂、チャンドラ

占術:山をボトム

これでキープしたのがミスだったかも

後攻で1枚引けるのでなにかしら触れると思ったら触らなかった。土地が珍しくたくさん来た。

死亡

2本目

サイド:白単を調べておらず1本目機体が全く見えてなかったので削剥1枚落とすというサイドミス。

とりあえず機体たくさん出て来て死にました。

 

4戦目赤黒エルドラージ

相手が片言の日本語だったので中国人かと思って優しく対応してたら

名前が日本人だった

勝ち

 

5戦目緑白ランプ

1本目後手

土地4、ボーマット、アン一門2

キープしたけどマリガンだったかもと感じた。

凌がれて負け

2マナ目って重要かも

 

2本目

先攻なので削剥2枚抜いてチャンドラ入れて残りはチェンジなし

思いっきり殺しにいった

勝ち

 

3本目

後攻だからミッドレンジでいいだろと思い込み1マナ帯減らしたサイドボード。

負け

試合後友達から聞いたら不利な相手だからワンチャン取る気持ちでアグロでいけとのこと

 

6戦目BG

1本目後攻

1マリガンで土地4なんか2

序盤からあんましがんがん攻めれなかったので

後半巻き返され負け。

ダブマリしてでも最初から動ける手札にするべきだったかも

 

2本目忘れた。

 

結果2-4

だいたい負けた試合は序盤の動きが弱かったりもしてたのでもうちょいマリガン恐れずに今度はやってみようと思う。

あともっとアーキタイプの有利不利とかは勉強しなきゃ

以上

 

 

武蔵カップデッキ分布まとめ

武蔵カップお疲れさまでした。

デッキ分布が乗っていたのでちょっとまとめてみました

ツヴァイ20

正義フォース12

黒竜11

カオス10

雷帝軍6

地獄5

ライドチェンジャー5

魔王2

デンジャー1

プリズム1

ヒロイン1

戦艦1

冒険者1

太陽竜1

英雄1

ベンジョーループ(レジェンド)1

トイレ1

ゼリオンループ1

 

~環境トップはやっぱりツヴァイだった~

全28チーム中20チームがツヴァイを選択しておりました。

ライフ20スタートなのにもかかわらず短いターンで安定して10点近く削れる速度を持ち合わせており、今もなお環境トップを走り続けているようです。

ちょっと意外だなと思った点は優勝チーム、準優勝チームにはツヴァイが入っていなかった点。

さらに面白いなと思った点は、決勝トーナメントのツヴァイの座っている席

(決勝トーナメント)

先鋒3、中堅2、大将0

(予選時)

先鋒6、中堅7、大将7

先鋒が一番生き残っているというところ。

おそらく中堅、大将は比較的ツヴァイ対策を盛り込んだデッキが多くかなり厳しい環境下だったと思います。大将のツヴァイはマジで生き残れなかった結果だったので、くそメタられたのでしょう。

その中で先鋒は逆に少しデッキパワーが劣るデッキと当たる確率が多くここで一勝をもぎ取れたため、決トナ進出に行けたのかもしれません。

 

ともかくおもいっきりメタられたんだなーと実感するような結果で

今後ツヴァイを使用する場合は、より一層メタ対策をしていかないと厳しそうという印象に終わりました。

 

~ツヴァイの下はわりと群雄割拠~

さてツヴァイが最も使用されて使用率1位になりましたがその下に注目すると、ここも意外と面白い環境・・・

使用数 2位、正義フォース(12)、黒竜(11)、カオス(10) 

使用数 3位、雷帝軍(6)、ライドチェンジャー(5)、地獄(5)

多少誤差はありますがほぼ同数で上記のデッキがランクインされており、こんなにきれいに割れるものなのかと驚きました。

それほどデッキの強さが拮抗していたのではないかと思われます。

今後この6ワールドがどういった結果を見してくれるのか楽しみではあります。

 

~今後の環境はどうなっていくのか~

恐らくちょっとツヴァイの使用者が減っていくとは思います。

同時に2位グループが使われていくようになっていくでしょう。

8月の最新弾100円ダークネスの収録もあるので環境トップは黒竜になりそうな予感がします。

 

~まとめ~

 全体的にかなりデッキパワーの差が少ない環境だったのではないのかなと思います。

そのぶん多くメタの対象になったデッキはうまく結果が残せず、メタの対象にならなかったデッキは思わぬ結果を残せたかもしれません。

 

ともあれみなさま改めまして武蔵お疲れ様でした。

次回のCSは僕も参加できたらなと思います。

ではでは

プリズムバーン

プリズム買ってみたけど微妙だったので、手持ちのプールでバーンデッキとして遊びで作ってみた。 

結晶アトラ4

水晶アトラ3

ウィシュケー4

スピリタス4

シャルトリューズ

メルロー4

クリスタルスパイク4

再結晶化4

アステリズムエフェクト3

エンハンスメント4

プリズムレリック4

プリズムインタラプト4

ネオドラゴンプロテクター3

クリスティアーノシュート2

 

アトラが現状ゲージむさぼってるだけのカードなので適当にバーン要素があるカードに入れ替えてはいきたいなとは思ってます。カードプール見てバーンにさらに特化できるカードあったらたぶん入れ替えていきます。

 

アステリズムエフェクトわりかし打てそうかも・・・

なんて思ってますがともかく2枚ドローカードください。(ディスパーションは重い)

プリズムインタラプトでスピリタス出す場合はゲージ1で2点飛ばせるのはうれしかった。

勝手で根拠もない武蔵環境予想

使用頻度高い順に

ツヴァイ

正義

LO黒竜

RC

カオス

地獄

ループ系

その他

 

な感じ

ツヴァイ正義はかなりありえそうなのであとは3枠目がどうなるかなーって感じです。

新弾のデッキは、研究日数が少ないのでみんながどこまで仕上げて来れるのかが楽しみです。

 

席順はオポもあるので大将はツヴァイが多そうですがツヴァイミラーはかなり不毛そうなのであえて先方や中堅に逃げるのもありなのかなと

 

僕はその日MTGの、プレリー出てます。

CCC環境初日

カオス

とりあえずカオスつえーの一言でした。

手札4枚だしライフ10だし事故ったら負けそうだしとか思ってたけど

ドローとサーチと墓地回収多いしのでなんか平気そうでした。

  僕は組みます。

 

黒竜

ある程度耐久できますが

まだ3ターンしのぐのにはギリ防げない感じでした。

 

プリズム

手札増やすカードやルーターないとまだまだ無理そうです。以外とやる事がないデッキでした。

 

残りはまだ対戦も作ってもないので保留

 

正義ジャック 6/30更新

S2

ソルアステール4

銀河アステール4

英雄アステール3

フルリベレイト2(カイゼリオンでもok)

 

S1

ジャックSD 4 (バディ)

クァンタムルーラー4

 

竜装機

トリプルバスター3

メイディー3

シルトファイター4

タルナーダ3

 

アイテム

ドラゴンフォース正義の型 4

 

魔法

スタービリーバー4

ファイトインフォメーション3

ドッキング3

ビート2

 

竜装機について

トリプルバスター、メイディーの攻撃部門を3枚ずつ入れました。山札からドロップに落ちるカードを増やしてなるべく触れるようにします。

タルナーダは2枚で回したらゲージ足らないことが多かったので3枚に戻しました。

シルトは減らすと連携攻撃防げないのと手札に来ないと意味ないので減らしません。

 

ジャックたち

SDがゆういつノーゲージで出せるジャックですので4枚に戻しました。

代わりに英雄ジャックを減らしたんすけど、ドローギミック減るのはどーかなともおもってます。

フルリベレイトはカイゼでもお好みでお好きな方を

 

魔法系

一周回り最初の頃使ってたフェイトインフォメーションを採用しました。

ファクトリーは正義にあってないのでやめました。正義装備したあと手札少ないのでファクトリーと竜装機揃いにくいのと

竜装機ジャックの中に入れた方がいいこと多いのでファクトリー結局埋めることが多々。

どっちかというとフェイトのが良い印象だったのでフェイトでいきます。

 

ビートはフェイトで拾えませんがそれでも入れておきます。

 

ドッキングは入ります。これはしばらく揺るがないです。相手に連携攻撃させにくい構築にしないとせっかくのソルアステールと正義があってもライフが無くなります。

 

ビリーバーは4枚です。

直接勝利に関わらないので地味に見えますが。

こういうのがあるから勝利に近づけます。

 

以上!

レクイエムダークネス

ツヴァイや正義に勝てるデッキを考えてみると

ともかくあの猛攻を止めるカードがないと無理となったので

一番止めれそうなダークネスWにある「死地への誘い」を筆頭にデッキをかんがえてみる。

 

バルザム4(サイズ2)

ジローゼス4

アールボウ4

逆襲アビゲール4

死地への誘い4

レクイエム4

尊き犠牲4

ダークネスヒーリング3

デスゲージタイマー2

オビチュアリー4

サンインザダークネス3

ブラック・リチュア4

ゲールハーケン4

ブラックドラゴンリメイド2

 

ともかくゲージをためて「死地への誘い」を常に打てる状態にして、ライフゲインで3ターン近く生き残ればあとはレクイエムで勝ち。

レクイエムや死地への誘いを初ターンに引かないとなかなか生き残れないのでドローカードはなるべく多めにいれていきます。

 

対抗ライフゲインも入れることにより向こうの計算狂わせられるので強力なライフゲインあればバンバンいれていきたいです。

レクイエムのコストが地味重なので尊き犠牲かヒーリングのどっちかは4枚いれておくことをオススメします。

 

オビチュアリー

 ドローができるのでとりあえず採用してみましたがなかなか使える子だったので現状使ってます。

入れ替え枠ではあるので今後は抜かれることは大アリです。

 

ジローゼス

早く上位互換きてください・・・すでに抜きたい

 

ゲールハーケン

ブラックドラゴンリメイド

レクイエム対処されちゃったら負けるデッキなので入れます。

入れたところで対処される時は対処されます。

 

まとめ

普通にツヴァイと正義には勝てます。

ただメタが始まると弱くなるので短命のデッキなのかもしれません。

レクイエムを対処された後が負け確定なので

LO型の設置黒竜も考えようと思ってます。